レビトラの2回目は通販

レビトラのジェネリックは安くて効果も同じ

ED治療薬の中でも特に即効性に優れているレビトラは人気の高い薬です。
こうした薬は医療機関で処方を受けることができますが、保険適用ではない薬ですし、一時的な効果ですので、性行為のたびに薬が必要となります。
それゆえ、頻繁に薬が必要という人はその出費も気になるのではないでしょうか。

薬には新薬と呼ばれるものとジェネリックと呼ばれる薬がありますが、ジェネリックは新薬の特許が切れてから別の製薬会社で製造販売されている薬で、すでに有効成分や作り方もわかっていることもあり、開発期間も短く、コストも抑えられています。

それゆえ、新薬よりも安く提供されており、治療費を少しでも安くしたいという人に選ばれています。
低価格の薬というと品質に不安を感じるひともあるかもしれませんが、新薬と同じ有効成分で同じ量で作られていますので安全に飲めるようになっています。

さらに形状や味などをより飲みやすく変えているなど変えられていることもありますが、効き目や安全性に問題のない範囲となっていますので安心して選ぶことができます。
レビトラの有効成分はバルデナフィルとなっていますが、ジェネリックもまた同じくバルデナフィルが使われており、同じような効果効能を期待することができます。

こうした薬はインドの製薬会社で作られていることが多く、レビトラよりもかなり安価で提供されていることが多くなっています。
レビトラのジェネリックと呼ばれている薬にも色々な種類がありますがバリフも有名な薬のひとつです。

こうした薬は個人輸入で入手することができ、代行業者などを通じて注文する人も多くなっています。
バリフは人気の高い薬のひとつですが、少し前から入手が難しくなっていることでも話題となっています。
なぜ入手が難しくなったのか、その理由も知っておきたいですが、それはインドのレビトラのジェネリックが製造中止になったということがあげられ、以前よりも入手が難しくなりました。

インドのレビトラジェネリックが製造中止になった理由

バルデナフィルを有効成分としてレビトラのジェネリックは同じ効果が得られながらも低価格ということで、日本だけではなく世界中で人気がありました。
今までこうした薬を購入していた人は突然入手が難しくなり、困惑している人もあるのではないでしょうか。

なぜ今まで手軽に購入できていた安価のレビトラのジェネリックが製造中止になったのかその理由も知っておきたいところです。
まずレビトラは2003年に認可された薬でまだ特許は切れていません。
もうすぐ特許が切れて他の製薬会社でもジェネリックが作れるようになりますが、それまではもう少し時間も必要です。

では、なぜ特許の切れていない薬のジェネリックが製造できていたのかということとなりますが、インドは医薬品の特許法が違うこともあり、特許の切れていない薬のジェネリックも製造することができていました。
それゆえ、バリフだけではなく様々なジェネリック医薬品が製造販売されていたのです。
ところが、その後製薬関係の特許法が変わったこともあり、以前のように自由にジェネリックが作れなくなりました。
とはいえ、例外もあり、過去にインド国内で特許が認められなかった薬はジェネリックを作ることができました。

では、なぜレビトラのジェネリックが作れなくなったのかということとなりますが、はっきりとわからないものの、特許に何等かの問題が出ているのではと言われています。
再製造についても未定となっていますし、今後はさらにバリフなどの薬は入手が難しくなることが考えられます。
入手方法としては現在流通している薬を多めに購入しておくか、他に販売されているジェネリックを選ぶという方法もあります。

さらに、レビトラを個人輸入で入手することで、より安く入手するという方法もあります。