レビトラの2回目は通販

レビトラの副作用に注意!

レビトラは、バイアグラの次に誕生したED治療薬であり、ドイツに本社を構えるバイエル薬品が製造しています。
そんなレビトラには副作用があり、国内の臨床試験データによると、913例のうち257例で副作用が認められており、発症確率はおよそ28%です。
海外の臨床試験データでは、7,080例のうち2,206例で副作用が認められており、発症確率は国内の臨床試験データよりも高く、およそ31%となっています。
その為、レビトラを利用した5人に1人以上の方が、副作用を発症すると考えて問題はないでしょう。

頭痛の男性気になる副作用の症状については、顔のほてり、心悸亢進、頭痛、めまい、消化不良、鼻閉などが挙げられます。
顔のほてりを放っておくと、高血圧や低血圧、心悸亢進へと症状が進行して行きます。
頭痛は、レビトラの血管を拡張させる働きによって起こるものです。
めまいと消化不良は、血圧の低下によって引き起こされます。
鼻閉は、放っておくと鼻出血や呼吸困難などを引き起こす可能性があります。

このようにレビトラには、たくさんの副作用が報告されています。
その為、利用する際には副作用に注意しましょう。
なお、数ある副作用の中でも、顔のほてり、頭痛、鼻閉に関しては、レビトラを利用するとほとんどの方に起こりうると言われています。
そこで、これらの副作用に関しては、特に深刻に考えず、レビトラが効いてきた証拠であると考えるべきとされています。

ただし、心悸亢進、鼻出血、呼吸困難といった状態にまで症状が進行してしまうと、深刻に考える必要はないとは当然言えません。
顔のほてり、頭痛、鼻閉と共に、気分が悪くなる場合には、症状が進行するリスクが高まっていると言われています。
その為、気分が悪くなるようであれば、レビトラの利用を控えた方が安心と言えるでしょう。

なお、レビトラの副作用は利用から4時間から6時間程度経過すれば、自然に治まるとされています。
もし、4時間から6時間経過しても治まらないようであれば、専門医を受診しましょう。

副作用が起きてしまった場合の対処法について

レビトラの副作用の中でも、特に頭痛は誰でも起こりやすい症状と言われています。
そんな頭痛を感じた時の対処法としては、市販の鎮痛剤を利用すると良いでしょう。
抗炎症作用を持つロキソニンを利用すれば、頭痛は治まると言われています。

ただ、レビトラのようなED治療薬は、お腹が空いた状態で利用するのが基本となっています。
しかしロキソニンは、副作用として胃の粘膜を荒らすという症状が報告されています。
その為、ロキソニンはお腹が空いた状態での利用を避けるべきと言われているほどです。
そこで、胃が弱い方は胃の粘膜を保護する為にも、胃薬と共にロキソニンを利用した方が良いでしょう。

レビトラにより、消化不良の副作用が起きてしまった場合の対処法としては、胃酸を抑制する胃薬を利用すると良いでしょう。
特に、タケプロンやガスターといった胃薬の利用をオススメします。
胃酸を抑える働きはタケプロンの方が強いので、特に消化不良がひどい場合には、タケプロンを利用しましょう。
一方、利用から効き始めるまでが早いのは、ガスターです。
レビトラを利用してすぐに胃腸に関する不快感を感じるというのであれば、即効性のあるガスターを利用しましょう。

なお、レビトラを利用してすぐに胃腸に関する不快感を感じない場合であれば、タケプロンやガスターの利用のタイミングには、性行為終了後が適しています。
また、レビトラを利用した翌日に胃腸に関する不快感を感じるという場合には、就寝前がタケプロンやガスターの利用のタイミングに適しています。
このように、消化不良を代表とする胃腸に関する不快感を感じるタイミングに合わせて、胃薬を利用するタイミングも変えていくのが、効果的な対処法と言えるでしょう。