レビトラの2回目は通販

レビトラの効果を発揮する正しい服用方法

薬と水の入ったコップレビトラには10mgと20mgの容量があります。
初めて利用する方は様子を確かめるために前者を、既にED治療薬を服用した経験がある方や強力な勃起力を得たい方は後者を選びましょう。
レビトラに限らず、医薬品はまず10mgといった少量から飲み始めるのが基本です。

特に海外製のレビトラといった元々体格の良い西洋の男性陣を意識して製造されたお薬は、日本人の体格を考慮した場合、少量の10mgでも十分な効果が得られます。
ただ、身長180以上でアスリート体形の大柄な男性は日本人でも、20mgを最初から飲んだ方が良い場合もありますので、ケースバイケースです。

レビトラの効果を正しく発揮するためには服用方法をよく守る事です。
レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、空腹を感じている時間帯に飲んだ方が効果が正しく発現しやすいです。
また、食事の影響を受けない特徴があるものの、いわゆる満腹状態までご飯を食べると、さすがのレビトラの主成分も効果が半減します。

レビトラの服用方法として正しいのは空腹を感じている時間帯に飲む事、そしてセックスを始める時間から遡って一時間前頃に飲む事、そしてある程度の体力と性欲がある日に限って飲む事です。
飲む際は水を使うのが基本です。
お酒や炭酸飲料やジュースで飲むと、成分の吸収が悪くなる恐れがあります。

レビトラは10mg、20mgともに一日1錠までの摂取に留めましょう。
短期間の間に複数の錠剤を飲んでも効果は倍増しません。
また確実に1錠で男性機能がみるみるうちに回復していきますので、連続利用する必要がありません。

ペニスを速やかに勃起させ、亀頭を健全な形にまで膨張させ、なおかつ陰茎全体の大きさを若々しい20代の頃まで改善させます。
男性が元々内に秘めていた潜在的なペニスサイズを引き出すため、まるでサイズアップしたかのような嬉しい効果も得られます。
また、ペニスの持久力も改善され、勃起した後は射精を迎えるまで、萎えない状態が保たれます。

レビトラを服用すれば性欲も増える?

レビトラを服用すれば性欲増進の効果も得られるのでしょうか。
その答えは基本的にノーです。
レビトラに関係なくED治療薬に備わっている効果はあくまで男性機能の働きを阻害している要因を取り除く事です。
性欲増進を促す成分は配合されていません。

興奮作用や男性機能を強制的に引き出す働きはありませんので、絶対にレビトラさえ飲めばセックスが出来る、という事はありません。
服用した後も、道行く女性の姿を見るだけで勃起してしまう事はなく、あくまでセックスへの強い欲求が無ければ効果は現れないため、安心して良いです。

疲労困憊でグロッキー状態の時はそもそも性欲も喪失しています。
そんなシチュエーションだとレビトラを服用しても、性欲増進の効果は得られず、男性本人が疲れているため、ペニスの方も反応は見られません。

一方で元々セックスへの意欲がある男性の場合、レビトラを摂取する事で男性としての自信が蘇り、その副産物的な効果として、性欲増進のメリットが得られる事はあります。

直接レビトラの成分が作用してセックス回数や頻度が増える事はありませんが、長年苦しんでいた下半身のコンプレックスがレビトラのおかげで改善した結果、夫としてのプライドが見事に復活し、以前のように妻と毎晩のように夫婦生活が楽しく営めるようになった、というケースはあります。

また心因性EDの場合、肉体自体は年齢相応の性欲を持っているにも関わらず、ストレスから男性機能が正しく働かなくなります。
レビトラには心因性EDを改善する効果もあり、男性機能が毎回しっかりと働くようになった結果として、年齢相応の性欲が姿をきちんと現し、男性目線からすると実質的に性欲増進の効果が得られた、と感じられる事例があります。