レビトラの2回目は通販

女性がレビトラを服用するとどうなる?

不感症に悩む女性の数は、実はEDに悩む男性より多いとも言われています。
ただ男性のように障害が目に見えるわけではないので、治療を受ける機会が少ないと考えられます。
しかし性行為は可能でも、オーガズムを感じなかったり逆に苦痛を覚えたりして、生活の質は低下してしまいます。
簡単に治療を受けられないだけに、悩みは男性より深刻と言うこともできます。

女性の不感症を改善する媚薬の類はいろいろありますが、医学的な根拠のはっきりしたものは多くはありません。
そこで男性用のED治療薬が効くのではないかと考えて、服用してみる女性もいます。
レビトラは代表的なED治療薬ですが、女性が服用しても効果を発揮するのでしょうか。
また副作用の心配はないのでしょうか。

レビトラは即効性が高く、強力な勃起効果が期待できるとして、男性には人気のある薬です。
主成分の塩酸バルデナフィル水和物には、血管を拡張させる作用があり、下半身の血行を促進させます。
ペニスが勃起するのは陰茎海綿体に血液が流れ込むためですが、レビトラは血流量を増やすことで勃起を促し、維持させる効果があります。

女性器が濡れるメカニズムは男性とは異なっており、そもそも陰茎海綿体がないので、レビトラを飲んだからといって性交可能になるわけではありません。
また媚薬としての効果はなく、性欲を盛り上げるには別の刺激が必要になります。
この点は男性も同じで、レビトラを飲んでも精神的に興奮しなければ勃起しないため注意が必要です。

ただしレビトラは性器周辺の血行を促進させることから、潤滑液の分泌を増加させ感度を上げるという説もあります。
神経の集中しているクリトリスには陰核海綿体があり、勃起と同様の現象が見られることは知られています。
実際にレビトラを女性に服用させ、オーガズムの頻度を調査した研究もあり、明確に検証されたわけではないものの、人によっては効果を実感できると報告されています。

女性は女性用バイアグラを使用するべきである

レビトラには頭痛・めまい・鼻づまり・視覚異常などの副作用があります。
いずれも血管が拡張し、血流が増えるために起きるもので、高血圧や低血圧を治療中の方、循環器に異常がある方は服用しないほうがよいとされています。
もちろん女性の場合にも、同じ危険性があります。
男性よりも体格の小さい女性が、男性と同じ分量のレビトラを使用すれば、副作用が出る可能性は高くなります。

そもそもレビトラは男性用に開発された薬であり、女性の体では十分なデータが取られていません。
公的機関の承認を受けていないので、医学的に確実な効果があるとは言えず、予想外の副作用が現れる可能性もあります。
効いたという口コミだけを信用して服用するのは、リスクが大きくお勧めできません。
女性が感度をアップさせたいなら、女性用に開発された薬を使用すべきでしょう。

女性用バイアグラと名付けられた商品は、現在では何種類も出回っています。
そのうちラブグラは、インドの製薬会社が発売しているジェネリック医薬品で、効能は同じでも先発薬より安価なことが特徴です。
ラブグラの有効成分は基本的には男性用バイアグラと同じで、性器周辺の血流量を増やし、代謝を促進することにより、性行為の準備を整えオーガズムに導く手助けになると期待できます。

ラブグラは最初から女性を想定して製造されているため、無理に男性用のレビトラを服用するより安全と考えられます。
ED治療薬には未だ解明されていない部分も多く、今度の研究次第では、もっと効果と安全性の高い薬が開発されるかもしれません。
しかし現時点で不感症を改善するには、ラブグラをはじめとする女性用バイアグラを使用するのがひとつの方法です。