レビトラの2回目は通販

症状がどの程度までいくとEDと診断される?

性的興奮を感じても、勃起しにくくなると、EDではないかと考えるようになります。
自分はEDではないと思いたくても、成人男性の4人に1人がEDであると言う結果もあります。

そもそも、EDというのは、勃起障害と言われる症状です。
完全に勃起しない状態だと思い込んでいる人が多いですが、そうではありません。
勃起まで時間がかかる、勃起しても持続せずに途中で萎えてしまう、射精まで到達しないという状態であればEDと判断されます。

朝立ちすればEDではないとか、年齢が若いから大丈夫というわけではありません。
EDの症状は軽度から重度まで様々ですが、勃起を持続する自信、挿入可能な硬さ、挿入後の勃起の持続、性交が終了するまでの勃起、性交に満足できるかという5つの質問に対して、5段階評価で答えたときの数値が21以下であれば軽度なEDと判断できます。

また、年齢も症状に大きな影響を与えると言われています。
確かに、朝立ちは年齢を重ねるごとに起こりにくくなっていきますし、持続力も減っていきます。
しかし、これは実際の年齢ではなく、血管の状態によって変化していくことが知られています。

40代のうち20%の人がEDに悩んでいると言われています。
60代の男性では60%とその数字は高くなりますが、すべての人がそうなるわけではありません。
勃起をするためには、ペニスに血液を流さなければいけません。
血管の状態が悪くなってしまうと、血流も悪くなり、立ちにくくなってしまいます。

一般的に、一度自分が勃起しにくいと感じてしまうと、体の機能には問題はなくても、精神的にEDのような状態になってしまいます。
質問に答えるというような客観的な判断も必要ですが、ここからがEDだという厳密な線引きは難しいでしょう。
飲酒や疲労があると立ちにくくなりますが、その状態がいつも続くとは限りません。
自分で勃起しにしくいと感じるというのは、ひとつの目安になるでしょう。

重度のEDはどのラインから判断する?

EDの状態は、同じ人でも環境などによってその都度状況は大きく変化します。
軽度であれば、勃起はするけれども満足できるほどではないという状態で、中度になっても勃起は可能です。
しかし、重度になってしまうと、勃起はせず性交することは不可能になってしまいます。
男性としての自信を失ってしまうという人もいるでしょう。

このような状態になってしまうと、自分では重度だと認めたくないという人がほとんどでしょう。
仕事で疲れやストレスがたまっているからだと自分に言い訳をする人もいます。
しかし、言い訳して自分をごまかしても、症状は自然によくなるわけではありません。
かえって症状は悪くなってしまうことが多いでしょう。

自分がEDであることを認めるのは、男性にとってはつらいことです。
しかし、認めれば、そこから治療に入るなどの対策をとることができます。
できれば、重度になる前から対策がとれればいいのですが、気付いた段階から始めましょう。

そもそも、人間の血管はたくさんありますが、ペニスにある血管は直径が1~2ミリ程度とそれほど太いわけではありません。
動脈硬化が起きてしまうと、血管の半分ほどがふさがれることもあり、血液の流れる量は極端に減ります。

EDの原因が動脈硬化などの病気であるというのは、決して珍しいことではありません。
勃起が難しくなってきたら、一度健康診断を受けてみましょう。
自分では健康だと思っていても、何かの病気があるかもしれません。
重度のEDであるラインは、勃起ができないという症状から分かりますが、その前に健康であることが求められます。
ED治療を開始する前にも、血液検査や飲んでいる薬のチェックが行われて安全に治療を進めます。